ステップぱーとなー【パナシア桜ノ宮】とは

パナシアの意味は「万能薬」。
人々がいつまでも自立して元気で生き生きとした暮らしの実現には適度な運動やコンディショニングが欠かせません。

ここでは運動器機能向上型デイサービスとして運動器の障害や虚弱の改善をしながら、利用者様が社会での役割や生きがいを持ち続けた日常生活が維持できるようご支援しています。

従来のデイサービスのイメージを一新する明るい内装と様々なマシンやサポート機器を使い、介護認定を持つ方々だけでなく、自費でのご利用の方々もお越しいただくことができます。 スタッフは専門技術を習得した理学療法士や看護師、介護トレーナーがあたり、午前・午後の3時間余りを介護予防や運動機能改善のプログラムをそれぞれの体力に応じて実施いたします。

未曽有の高齢社会を迎えた今、様々な生活環境の中で、利用者の皆様が≪いつまでも健康で自立した生活をおくりたい≫という思いの実現に向けて我々スタッフも一緒に教えられたり、学びながら、ともに歩んでいきたいと考えています。 

ステップぱーとなーパナシア桜ノ宮は、首都圏を中心に40数店舗を運営するステップぱーとなーグループの一員です。高齢に伴う病気や疾患など、様々な理由から、身体を動かしたいけれど、一歩を踏み出せないでいる方々、あるいは退院後もリハビリを続けたいという皆様をサポートして参ります。

リハビリ専門職(理学療法士・作業療法士)による身体機能の評価を基本に、専門知識や技術を身につけた介護トレーナーによる運動指導、常勤看護師2名による利用者様への看護支援、そして生活相談員による利用者様や家族様との細やかな調整、という「多職種連携」により満足度の高いサービスを提供いたします。

運動プログラムは5~7名程度の少人数に分かれ、レッドコード、マシンを使ったエクササイズ、またボールやチューブ等のツールを使った運動を行いながら、姿勢改善や疼痛緩和、生活動作の安定に繋がるようお手伝いします。

しかしわれわれの目指すべき目標は、単なる身体機能訓練にとどまらず、自立支援の考えに基づいて、利用者様が自宅での日常生活は当然のこと、徒歩やバスに乗って買い物に行く等の『活動』や、地域の催しに行く・書道や囲碁などの趣味の教室に通う・旅行を楽しむ等の『社会参加』ができることです。

「いつまでも健康に過ごしたい」「生きがいを持ちながら充実した毎日を送りたい」という想いに寄り添い、その人が望む暮らしに近づけるよう目標を一緒に定め、その実現に向けてサポートしていきます。介護認定の有無に関わらず、まずは、お気軽に施設見学にお越しください。 スタッフ一同心よりお待ちしています。

中原

  • 随時見学受付中!
  • パナシア桜ノ宮とは?
  • リハビリ・運動プログラム
  • 認知症予防のためのトレーニング
  • よくある質問